害虫には要注意

瓶から薬を取り出す様子

ペットブームが広まっている影響か、年々犬や猫を飼う人が増えています。
新しい家族が増えたことに喜びや幸せを感じている人が多いとは思いますが、ただ喜んでいるだけではいけません。
ペットを飼った以上は、みなさんが責任を持って最後まで面倒を見なければいけないのです。

犬にしても猫にしても、最近は完全室内飼いの家庭が増えています。
室外で飼われているペットに比べれば、病気やケガにかかる頻度も少なく、そのおかげでペットたちの平均寿命も延びています。
しかし、室内で飼っているからといって、必ずしも安全で健康的な生活ができるとは限りません。
特に害虫たちには注意が必要で、小さな隙間から室内に侵入し、そのままペットの体に寄生するのです。

ペットにとっての害虫として有名なのがフィラリアやノミ・ダニでしょう。
フィラリアは体内に寄生する内部寄生虫、ノミ・ダニは体表面上に寄生する外部寄生虫となっていますが、どちらにしてもペットに与える悪影響がかなり大きいです。
特にフィラリアの場合、フィラリア寄生が原因で命を落としてしまうペットもいるくらい危険なのです。
そこで、もし害虫の寄生による症状を少しでも確認したら、ペット用の害虫駆除薬で早いうちに対処してあげましょう。

害虫駆除薬は動物病院から処方してもらえるだけでなく、現在は個人輸入代行という通販サービスを使ってネット注文することもできます。
どちらにもメリットとデメリットがありますので、それぞれを理解したうえでみなさんに合った購入方法を選んでみてください。

病院からの処方

様々なカプセルと錠剤

医薬品を購入する方法として、日本人の誰もがまず思いつくであろう方法が病院からの処方です。ペット用の医薬品に関しても、動物病院へ行けば病気や症状に適切なモノを処方してもらえますので、安心感は非常に高いのです。

ネット上で医薬品の注文

カラフルな色がまぶしい薬

医薬品を購入する方法の2つ目として紹介するのが個人輸入代行です。簡単に言えば医薬品専用の通販サービスのことで、海外製のあらゆる医薬品をネット上で簡単に注文・購入できるのです。

通販購入のメリット

粉薬を調合している様子

個人輸入代行を利用して医薬品をネット注文した場合、通院する必要がなくなることから、自然と診察費や検査費を払う必要がなくなります。もちろん通院の手間自体も省けるため、みなさんの負担はかなり削減されるでしょう。

記事一覧

数種類の薬 「ペットが害虫による症状を起こしたら/害虫駆除薬の購入方法を知ろう」の記事一覧です。